BAいっぺよの人生ラボ

BeautyAdviserによる自由人生の研究所

スポンサーリンク

吹き出物やニキビをすぐに治す方法は?

「もしもの時に安心なドライブレコーダーを指さす女性もしもの時に安心なドライブレコーダーを指さす女性」[モデル:河村友歌]のフリー写真素材を拡大

できてしまった吹き出物やニキビを「すぐに」直す方法はあるのでしょうか?

 

答えは「あります

 

しかし、その「すぐに」が「瞬時」かというとそうは行きません。

これまでしてきた間違ったスキンケアの結果、できてしまったニキビや吹き出物。

 

これが瞬時に治るようであれば、薬品を使用したということでしょう。

薬品を使用するということは、少なからず副作用があります。

 

今回は、医者に頼らず、副作用なしで肌荒れをできるだけ早めに直して行くための情報です。

 

 

肌の構造を知っておいた方がいい2つの理由

無知だと出費がかさむ

まず、怖いのが「無知

無知であるがゆえに色々なことが起こってきます。

自分自身のことがよくわかっていないから噂に惑わされ、医者に頼り、出費がかさむのです。

その結果、ちゃんとしたスキンケアができないので吹き出物やニキビができ続けます。

ご存知の通り、人の肌は層状になっています。

でも、どのように層状になっているのでしょうか?

 

無知のスキンケアは老化を加速させる

f:id:ippeyo:20170820151434p:plain

皮膚の表面は、皮丘(ひきゅう)と呼ばれるふっくらした盛り上がりの部分と、皮溝(ひこう)と呼ばれる溝があります。皮丘と皮溝でできる凹凸を肌のキメと呼びます。

健やかで美しい肌のキメは、三角形に整って並んでいるのです。

皮膚の構造は、表皮・真皮・皮下組織の3つの層から成り立っています。

 

表皮

f:id:ippeyo:20170820151449p:plain

表皮は上から、角質層・顆粒層・有棘層・基底層の4つの層から成り立っています。

  • 角質層

皮膚の一番外側にあり、扁平な核のない角質細胞が10~20層くらい重なっています。角質細胞の中には、NMF(天然保湿因子)があり、水分を保つはたらきをし、細胞の間をうめている細胞間脂質が、水分をキープする重要なはたらきをしています。

  • 顆粒層

紫外線を反射させ、体内への侵入を防ぐはたらきをしています。

  • 有棘層

4層の中でも最も暑い層です。流れているリンパ液が表皮細胞に栄養を与えています。

  • 基底層

表皮の一番下にあり、表皮細胞を生み出しています。作られた細胞は変化しながら徐々に押し上げられ、最後は垢となって剥がれ落ちます。また、基底層にはメラノサイトという色素細胞があり、紫外線などの刺激によりメラニン色素を生成します。

真皮

f:id:ippeyo:20170820151506p:plain

コラーゲンやエラスチン・ヒアルロン酸を中心に構成されています。

肌のハリや弾力を保つ役割を担っています。

  • コラーゲン

繊維状のタンパク質で、網の目状にはりめぐり、肌のハリを保っています。 

  • エラスチン

コラーゲンと結びついて、肌の弾力を保っています。

  • 線維芽細胞

コラーゲンやエラスチンを作り出す細胞です。線維芽細胞の活発なはたらきにより、肌のハリや弾力が守られます。

  • 基質

コラーゲンやエラスチンの間をうめているゼリー状の物質。ヒアルロン酸などの保湿成分で満たされ、肌の潤いを保っています。

皮下組織

ほとんど脂肪で構成され、骨や神経などを保護しています。

 

ということで、肌のハリと弾力を保っているのは真皮です。

ですが、ほとんどの化粧品は真皮まで届かずに表皮に留まりまってしまいます。

垢をどれだけ潤わせても、あまり意味がないのです。むしろ、力加減の考えられていないマッサージや間違ったスキンケアなどは、かえって肌を老化させます。

化粧品を選ぶポイントとしては、美容成分がナノ化され、真皮まで届くことが大切です。

セラリンのエクスピュールは、国産馬油由来のセラミドをナノ化しているので、選ぶとしたらこういう化粧品でしょう。

使用感としては、さらっと伸びる感じなのでファンデの伸びもGOOD。

水分と油分のバランスが悪い人が多い

マスコミに惑わされている日本人

日本人は、こういった情報を知らずしてどのように化粧品を選んでいるのでしょうか?

答えは、マスコミCMです。

有名な女優陣を起用しているマスコミCM。

しかし、このうちのほとんどがイメージCMです。

 

「この化粧品を使ったら新垣●衣みたいになりそう!」

「桃井か●りみたいに素敵に年齢を重ねたい!」

 

はい。

 

あなたは、新垣●衣、桃井か●りではありませんし、そもそもその女優陣がその化粧品を使っているかどうかも怪しいところです。

使っていたとしても、他のスキンケアをプラスしている可能性は高いですね。

 

結論から言います。

いい化粧品は、イメージがいい化粧品ではありません。

水分をしっかり補ってくれる化粧品です

水分が足りてないと、それだけで毛穴がつまり、吹き出物やニキビもできやすくなります。

逆に、たっぷりと水分を補えていると、それらはすぐに治っていき、できにくい肌を保つことができます。

大きな勘違い

肌を潤わせるために、うるおい成分を補うことは常識です。

しかし、肌に塗っても入っていかないのはご存知でしょうか?

肌は水分と油分のミルフィーユ状(ラメラ構造)になっています。

そこをくぐり抜けることができない化粧品は、いくら使用しても肌の奥は潤いません。

肌の奥まで潤わせたいときは、ラメラ構造をくぐり抜けるような作り込みでないといけません。

POLAのB.Aミルクは、ラメラ構造で肌の奥まで浸透していきます。

オイル状なので、肌が柔らかくなるテクスチャーです。

 

 

化粧品選ぶ前に

癖が引き起こす肌荒れ

そもそも化粧品を選ぶ前に気をつけた方がいいポイントがあります。

それは日常生活です。

日常生活でこんなことをしていたら、間違いなく肌荒れは治りにくくなってしまいますのですぐにやめましょう。

  • 頬杖をつく
  • 髪を手で触る
  • スマホを触った手で顔を触る

手を清潔に保っておくことも重要ですが、消毒の際は保湿成分が入っていた方がいいでしょう。

雑菌の繁殖した汚い手で触ることこそが、吹き出物やニキビを作ってしまう原因でもあります。

 

そもそも栄養が足りてない

肌の上から美容成分を入れ込むことは素晴らしいことです。

でも、細胞は口から入った食物でできています。

その食物の栄養が偏っていては、肌荒れも治りません。

食物由来、複合形(マルチビタミン)、+ミネラル、店頭販売でないものを選ぶと良いでしょう。 

 

まとめ

  • 水分と油分を意識しよう
  • 日常の習慣を意識しよう

 

ではでは(^ ^)!

スポンサーリンク