BAいっぺよの人生ラボ

BeautyAdviserによる自由人生の研究所

根本的にニキビを治す方法【肌荒れ原因と対策】

f:id:ippeyo:20170523233005j:image 

いつから出始めたでしょうか。

おそらく成長の早い人で小学生から。
平均的に見ると中学生から高校生がピーク

 

しかし、そのまま治ることを知らず社会人になっても肌荒れを引きずっている人もいます

 

今回は、長らく引きずっている方に向けてちょっとした気づきをご提供できればと思います。

 

◆目次◆

 

ニキビの原因

f:id:ippeyo:20170523233014j:image


これは人それぞれですが、引きずってしまっている人目線で書いていきます。

 

水分と油分 

 f:id:ippeyo:20170523233323j:image

赤ちゃんの頃はあんなにみずみずしかったのに、今は脂しか出てこない。


オイリー肌、乾燥肌、敏感肌


どれも水分が足りていないんですね。

「え、どういうこと?」
「全く性質の違う肌なんじゃないの?」

 

と、思いがちですが、実は根本的な原因は水分不足だったりします。

 

人はもともと海から生まれていますし、考えればわかると思いますが、「カスカスに干からびた細胞膜」と「うるうるの細胞膜」。どちらが水分を保持していられると思いますか?

 

愚問ですね。

 

肌は常に潤わせてあげないといけないのです。
そうしないと、水分が保持できない細胞の集合体になり、外敵からは弱く、水分や栄養分は逃げていき、、、この繰り返しです。

 

水分を補うために油分を出したり、

油分が出なくて乾燥したり、

水分が足りずに防御力が衰えたり、


この状態でニキビや吹き出物が治るわけがありません。

まずは、表皮の基底層付近まで潤わせてあげられるような化粧品を選びましょう。 


マルチな栄養

f:id:ippeyo:20170523233502j:image

肌にはビタミン!
なんて言って、安易にコンビニのサプリメントに手を伸ばしているあなた。

 

もう少し頭を使いましょう。


コンビニに並ぶまでに、いくつの手間がかかっていると思いますか?


中身は変わっていないのに値段だけ上がって陳列された商品は、原価が驚くほど安いです。

 

大事なのはビタミンB2。粘膜に働きかけます。

 

ただ、単体で食べても全く意味がないどころか浪費になってしまうのが栄養素。
全てが連なっているので、体内に吸収するには食物由来の複合(マルチ)なものでないとダメです。 

f:id:ippeyo:20170524005552j:image

食物由来でないと吸収が悪く、あまり意味がありません。

 


清潔

f:id:ippeyo:20170523233539j:image

「顔の洗いすぎは良くない」
「朝晩で十分」

こんな噂が広まってしまうのは残念すぎます。

 

この噂の理由は、必要な油分まで洗顔で流れてしまうからということなのですが、それはその洗顔料が油分をとってしまうぐらい保湿力が低いからです。

洗顔後もちゃんと潤いが続くような洗顔は、日に複数回洗っても、保湿と清潔を助けてくれるのでむしろ肌荒れがひどい人にとっては治りが早い場合があります。

 

睡眠が取れない理由はそんなに大事か?

 

f:id:ippeyo:20170523233624j:image


寝てない人が多すぎる。
そんなに起きてなくてはいけないのでしょうか。

起きてなければ死んでしまうほど重大なことを毎日しているのでしょうか。

睡眠不足は自律神経を乱し、体の内側からバランスを崩していきます。


お肌のゴールデンタイムは成長ホルモンが出る入眠後3時間ぐらいと言われていますので、入眠2-3時間前にはお風呂に入り、体温が下がると同時に布団に入る。

 

これが理想ですね。


あと、枕カバーはちゃんと洗いましょう ( ´ ∀`)


自分を痛めつける癖


日常の癖

f:id:ippeyo:20170523233800j:image

 

いろんな癖がありますが、よく見るのは頬に指をあてがうバージョンの「考える人ポーズ」

 

特に女性に多い気がします。

 

また、女性は顔に髪がかかる人が多いので、それだけでも肌からするとストレスです。


ヘアスタイルは、日常の癖ではありませんが、日々何気なく与えている肌へのストレスを軽減することは、ニキビや吹き出物を直すのに効果的でしょう。

 

ファンデーション

意外と盲点なのがファンデーション。
これは女性だけですが、ファンデーションの肌色は鉱物由来です。


ほぼ丸一年ずっと肌に天然でないものを乗せている状態ですね。

肌からすると息苦しいし、皮脂と汗が混ざり合い雑菌の温床です。また、パフも定期的に洗いましょうね。

 

 

まとめ

いかがだったでしょうか。
肌が綺麗であることは、人と成りまで表してしまいます。

 

上記はほんの、あらゆる原因の一部です。
しかし、大きな影響をもたらすものです。

このタイミングで意識してみては?

 

 

ではでは!

 

スポンサーリンク