BAいっぺよの人生ラボ

BeautyAdviserによる自由人生の研究所

スポンサーリンク

【ご当地ラーメン】南房総の福富ラーメンのチャーシューは口の中で無くなる

f:id:ippeyo:20170702223736j:image

祖父の法事も兼ねた親族旅行の帰り道。

千葉県の館山道を鋸南保田インターから乗り、富津中央で降りる。
叔父からのオススメの竹岡式ラーメン店があるとのことで、帰り道に寄ることに( ^ ^ )
 
というわけで、

今回は南房総のご当地ラーメン、福富ラーメンをご紹介。

 

アクセス

  • 住所:千葉県富津市亀沢3
  • 車:館山道 富津中央インター5分
  • 電車:佐貫町駅から1400m

日曜日の12:30頃入店

地元・南房総を熟知している叔父からのオススメなので、ワクワク感を膨らませながら福富ラーメン敷地内へ。

  • お店は店舗併設の住居。
  • 店内は割りと広く、駐車場台数も10台ほど。
  • 店内にはテーブルも座敷もあり。
  • 昔ながらの雰囲気がありながら、紫陽花が出迎えてくれる素敵なエントランス。
  • 外観は好印象。

f:id:ippeyo:20170702223926j:image

f:id:ippeyo:20170702223943j:image

 

まずは噂のチャーシューと餃子

f:id:ippeyo:20170702224001j:image

f:id:ippeyo:20170702224015j:image

叔父のオススメで、まずはチャーシューと餃子
入店前からチャーシューごり押しでしたが、チャーシューから食べるのがいいらしい。
餃子はニンニクが効いているのでデートには不向き?笑
でもとにかくチャーシューはとろける!
タマネギが散りばめられたチャーシューは、とろみMAX。しかし脂っぽすぎない。

国産の豚バラ肉を使い独自の調理法で煮詰めたものらしく、県外から通販の注文もあるようです。

f:id:ippeyo:20170702224237j:image

 f:id:ippeyo:20170702224254j:image

ふくとみらーめん(650円)

f:id:ippeyo:20170702224033j:image

福富ラーメンは、天然ダシにこだわった体に優しいラーメンとのこと。

ダシの昆布は北海道から。

しいたけは地元富津産。

スープの上にはやや多めのラー油。

f:id:ippeyo:20170702224049j:image

 f:id:ippeyo:20170702224116j:image

f:id:ippeyo:20170702224148j:image

そして、福富ラーメンの独特な醤油味は、近くの宮醤油というところのものを使用しているのだとか。

なんか違うと思ったぜε-(´∀`)

というわけで行ってきました!笑

宮醤油情報

f:id:ippeyo:20170702224502j:image

f:id:ippeyo:20170702224918j:image

なんと!

宮醤油は江戸時代の末期(西暦1834年)に創業!
温暖な気候と良質な水のもと、人工的な温度管理をしない天然醸造方式の醤油を製造しています。全国醤油品評会では過去何度も上位に入賞するほど!

賞状と著名人のサインがズラリ。

f:id:ippeyo:20170702224511j:image

店員のおばちゃんがスパイスやや強め!笑

醤油の味比べができるのですが、間違えるとバッサリやられます笑 ナイスキャラです。

f:id:ippeyo:20170702224940j:image

地図

f:id:ippeyo:20170702225133p:plain 

 

まとめ

ラーメンも醤油も星3つ!★★★(3つ中)

なんやかんやマイナスなことを書いているラーメン通ぶった記事もありますが、個人的には好きです( ^ ^ )
 
ごちそうさまでした〜!

スポンサーリンク