BAいっぺよの人生ラボ

BeautyAdviserによる自由人生の研究所

スポンサーリンク

副業のススメ

うちの会社がヤバい!

そんなことが日常茶飯事で起こってくる時代です。

 

会社が大きいから大丈夫
安定してるから大丈夫
これから業界が大きくなりそうだから大丈夫

 

そんな時代はとうの昔に終わっています。


日本経済が右肩下がりで落ち続ける中、うちの会社だけ大丈夫なんてことはありません。

 

急成長しているところも急降下する時代です。
今回は、徐々に広まりつつある副業について。

 

◆目次◆


そもそも仕事は1つで大丈夫なのか?!

ゆとりとバブル

秋の陽気と80s風ファッションを纏う女性秋の陽気と80s風ファッションを纏う女性 [モデル:河村友歌]
最近こんな話題がありました。


1位:ゆとりでしょ? そう言うあなたは バブルでしょ?
ゆとり世代」と「バブル世代」。どちらも象徴的にネーミングされた世代間のギャップをコミカルに表しています。
引用元:サラリーマン川柳コンクール


世代間の物の価値観は永遠に埋まらないのでしょうが、バブル世代の人たちは副業なんかしなくても人生を逃げ切れる可能性が高いです。 

そして、バブル世代が卒業したら、いよいよゆとり世代が社会の中核となり、税制面でかなりの苦行を強いられるのもこれからの世代です。

 

自己防衛の副業 

「副業禁止の会社でバレないようにアフィリエイトはできますか?副業禁止の会社でバレないようにアフィリエイトはできますか?」[モデル:大川竜弥]のフリー写真素材を拡大

そんな中で、そもそも仕事は1つで大丈夫なのか?!
結論から言うとNOです。

戦後から作られた日本社会は、一つの仕事に人生を捧げることが正義でした。
会社に全てを捧げ、試行錯誤し、仕事に没頭すれば必ず認めてくれて出世する。(しなくても年功序列で給料も右肩上がり)

 

今はどうか?

「今の若い世代は…」なんて言っているバブル世代を、若い世代が見切っている時代です。

「この人たちと心中するつもりはない。」
「一生この会社にいるつもりはない。」

 

そんな若い世代は何をしているのかと言うと、会社での出世は求めていないのです。

だからと言って、しっかり準備をしているわけでもなく、ただ文句だけ言っている人が多いですね。

 

・仕事を1つにするならちゃんとやる
・複数の仕事を持つならちゃんと準備をする

 

二者択一ですね。

情報は腐るように転がっています。動いていないのは本人です。

今では、メルカリなどの物販、ネット収入、ネットワークビジネス、投資など、これらの副業に当たり前のように取り組む人が増え始めています。

一般企業も、それらの動きから目を背けずに、柔軟に取り入れるべきだとは思いますが、自分をプロテクトする意味でも早めにアンテナを張らないのはもったいないです。


正社員であることに価値はあるのか?

「理不尽な要求にガマンの臨界点を超える上司理不尽な要求にガマンの臨界点を超える上司」[モデル:ゆうせい]のフリー写真素材を拡大

複数の仕事を持つのであれば正社員は厳しいかもしれません。
精神的なことはあとでお話するとして、正社員は拘束時間が長いです。(実際は拘束されたくてされている。帰りたければ帰ればいい。)

ブラック企業が取りざたされていますが、日本人の「拘束時間における寛容さ」は世界でも類を見ないぐらい恐ろしいみたいです


他のことができないぐらい拘束されてしまうのであれば、自ら保証を求めて縛り付けられている必要はないのかもしれません。後悔するのは本人です。

しかし、その保証とやらもいつまで続くかわかりません。であれば、雇用形態を変えて色んなことをしておいた方が将来のためになります。

安定志向だから会社に属する。そういう人は、定年を迎えたら無すべなく貧乏人です。


「副業が禁止だからできない」なんて言う寝言は寝て言え

f:id:ippeyo:20170524213155p:plain

さて、「先ほど精神的なところはあとで」と言いましたが、、、

・拘束時間が長いからできない
・副業が禁止されているからできない

なんていうのは、動き出す勇気がない言い訳です。本当に差し迫ったら書類申請でも何でもして行動を起こすはずです。

副業を禁止している会社は、あなたを一生は守ってくれません。
副業を禁止している会社は、あなたを動けなくなるまで駒として使い続けます。

いい加減、自分の置かれている状況に気付くべきです。さすれば、会社も目が醒めるでしょう。有能な人材を確保するには会社自身が常に進化していなければいけないことに。


まとめ


必ずしも副業をしなければいけないわけではありません。会社が無くとも自立できるような状態であればいいのです。

男性であれば、本当に自分の将来を考えたら65歳まで一つの場所に身を委ねることが、どれ程危険なことなのか。定年したらジイさんです。

女性であれば、一番活動的に動けるゴールデンエイジを、やりたくもないことに捧げている暇はあるのか。妊娠や出産で会社を卒業した時には、もう世で言うおばさんです。

何のための今なのか。
流されることの恐怖を知りましょう。

 

 

ではでは!

スポンサーリンク