BAいっぺよの人生ラボ

BeautyAdviserによる自由人生の研究所

【2017年春版】開始12日目でGoogleアドセンスに承認された話

f:id:ippeyo:20170521011251j:plain

ブログを始めて2週間目。

通過しましたGoogleアドセンス

 

「ブログを始めるならGoogleアドセンスに申請をした方がいい」ということを素直に実行したのですが、多くのブログに記載されているのが、Googleアドセンスの承認は、昔と今とではハードルが違うということ。

 

昔は簡単に通過した申請も、今ではかなりハードルが高くなっているということでした。

 

今回は、ブログ初心者の私がGoogleアドセンス申請を開始2週間で通過した経緯をご紹介します。

f:id:ippeyo:20170521125109j:image

 

【目次】

 

承認のハードルが上がっている!?

昔(2016)と今(2017)

読書美女に声をかけてみた読書美女に声をかけてみた [モデル:みき。]

2016年頃にブログを始めた人に聞くと「簡単に承認された」という感想も、2017年始めに承認された人に聞くと「何度も申請し直した」という感想に変わります。

 

結局どっちなの?と思いましたが、この審査のハードルは日々変化しているようで、承認基準はGoogleのみぞ知るといった様子。

 

昔は、『日記のようなものを数記事ほど書いて申請すれば承認された』という人が多かったようですが、最近は記事数や文字数、そして画像やリンクの有無など様々な憶測が飛び交っています。何が本当なのか、今はどんな基準なのか曖昧です。Googleにしかわからないみたいですね。

 

最近の情報

「フリスビーキャッチまでもうすぐ(ダッシュする小型犬)フリスビーキャッチまでもうすぐ(ダッシュする小型犬)」のフリー写真素材を拡大

「申請するからには承認されたい」と思った私は、徹底的に情報を集めました。するとある一定のラインが見えてきたのです。

 

  • 文字数は最低1000文字以上
  • 画像は極力貼らない方がいい
  • 記事数は30記事以上
  • 内容を濃くする

 

確かに、内容が濃く、継続性のある記事でないと、Googleからすれば広告を載せる意味もないですし、この内容には納得しました。

 でも、、、

 

最近言われている承認条件に疑問を持った

Googleの目的

地球岬の断崖地球岬の断崖

同社の目的は「世界で一番の精度と信頼を持った検索エンジンの提供」というようなことを、私の弟から聞いたことがあったので、最近言われている承認条件に正直言って疑問符でした。

 

目的が本当なのであれば、次の条件でいいだろうという個人的な結論に至ったわけです。これで承認されなかったら再申請すればいいやという具合に。

何次審査あろうと関係ない!という感じでした。

 

見てくださる方々にとって有益な情報であること

 シンプルに考えようということです。

 

しかし、このタイミングで突然Googleの審査ハードルが下がったのか、私の記事が単純に承認ハードルを超えたのかは定かではありませんが、私がブログを始めてから意識したことをご紹介します。

 

意識していたこと

「「ねぇねぇ今どんな気持ち?」「ねぇねぇ今どんな気持ち?」」[モデル:ゆうせい]のフリー写真素材を拡大

とは言いつつも、そこまで意識していなかったのですが笑

強いて言うならこんな感じです。

 

  • 文字数1500文字ぐらい

→これぐらいのボリュームはないと必然的に内容が薄くなります。ただ、個人的に長い文章は読む気にならないので適量なのが1500だと思ったのです。

 

  • 画像は極力挿入

→わかりやすく読みやすい記事にするためには、読み手に記事の向こう側をイメージしてもらう必要がありました。とは言っても所詮は初心者の記事です。

でも見やすいに越したことはないだろうということで画像は挿入しまくりました。自分が見る側だったらイメージ湧きますしね。

 

  • 記事数はあまり関係ない

→『承認を得るために30〜50記事は必要』ということは鵜呑みにせず、わかりやすくて内容が濃ければ、そして、Googleが記事に対して「これからの可能性」を感じてくれればいいんじゃね?という気持ちで10記事ちょっとで申請。早すぎかもと思いましたが予想外に通過!笑

 

まとめ

日々変わると言われている審査内容。

なので、あまり囚われすぎずGoogleの立場になって書いてみると意外と通る!かも? 

 

でも、まずは承認されたのでここからスタートですね(^^)

 

最後までありがとうございました!

ではでは!

 

 

スポンサーリンク