BAいっぺよの人生ラボ

BeautyAdviserによる自由人生の研究所

社畜が我慢をやめる唯一の方法【内面美容】

「もうーいいかーい「・・・」もうーいいかーい「・・・」」[モデル:あんじゅ]のフリー写真素材を拡大

「休み明け、会社に行きたくなーーーーい。。。。」

 

昔から受け継がれる、ほとんどのサラリーマンの本音ではないでしょうか?

 

でも少し言い換えるならば「会社自体に行きたくない」…これです。笑

 

「休日明け」ではなく「常に」深層心理で思っていることですよね。

・休み明け→行きたくない。

・週半ば→奴隷生活に慣れてくる。

・休み前→現実逃避に頭が浮かれだす。

 

これを50年続けたら人生が終わります。

 

でも、なぜそのような思考になるのか。そして、そんな時はどうしたらいいのか。私なりの解決策をまとめましたので、お役立ていただければ幸いです。

 

 

◆目次◆

我慢しているから

行きたくない理由

マンガのつづきが待ちきれない読書美女マンガのつづきが待ちきれない読書美女 [モデル:みき。]

理由はひとつ。そう、我慢しているのです。

一体、何に我慢をしているのか??

 本当に自分がやりたいことに我慢をして蓋をしているのです。

その心の整理と解決策も含めて、追ってお話しします。

 

多くの会社嫌いさん

「緑に覆われた道緑に覆われた道」のフリー写真素材を拡大

話を戻しますが、美容関係のフランチャイズオーナーもしている私。

最近、男女問わず非常に多くの「会社嫌いさん」に出逢います。

そして、施術中、会話がプライベートな方向に進むと必ずと言っていいほど、「今の仕事を続けることに迷いがある。どうしたらいいでしょうか?」というのです。

 

そういう人には聞き返します。

「本当は何がしたいんですか?」

そして、回答は決まって「もっと自由に生きたい。」です。

明確ではないのです。

あなたが言う「もっと」って、何?笑

 

働き方の変化

変化させる余地に年齢は関係ない

 

しかし、こう言った人には「人生を変化させる可能性」があります。年齢は関係ありません。

ただ、決断の仕方がわからないだけです。

 

日本政府がようやく働き方改革をしている真っ最中ですが、そんなものを待っていては人生はあっという間に過ぎてしまいます。

 

東進ハイスクールの林先生の名言を借りるのであれば今でしょ!です。

 

何をすればいいのか

まずは世の中の働き方を知ることです。

先日の記事で、世の中の働き方は4つあると言いました。

www.ippeyo.com

 

f:id:ippeyo:20170521220813p:plain

 

まず、自分がどこにいるのかを知る必要があります。まぁ一目瞭然でお分かりかと思いますが、左上の従業員ですね。

 

このジャンルに属している人は、世の中の8割の方々で、朝、満員電車という奴隷船に乗るのもこの人たちです。

 

具体的に解決するために必要なのは、他ジャンルに行くこと。そして、その他ジャンルで「やること」に囚われないことです。

 

自営業

自分で全責任を負う動機と勇気をもつ

例)美容師、ラーメン屋、フリーランスetc

 

ビジネスオーナー

システムを構築する

例)YouTuber、ネットワークビジネスetc

 

投資家

お金を働かせる

例)ビットコイン、株etc

 

まず、このジャンルで何が得られるのかをイメージするための知識が必要です。

表面的には聞こえの悪いようなものだとしても、違法なものなどほとんど情報として入ってこないことに気づくでしょう。この世の中、違法なものはすでに取り締まられているので存続ができないのです。

 

社畜の常識を疑う

「カフェとノーパソ美女カフェとノーパソ美女」[モデル:茜さや]のフリー写真素材を拡大

この中でいうとネットワークビジネス。聞こえが悪い仕事の代表格ですね。

悪徳マルチネズミ講だなんだと言われていますし、そういった記事も散見しますが、ちゃんと勉強してみてください。

全く違います。ネットワークビジネスに強い偏見を持つ人は、従業員ジャンルの人たちか、ろくに勉強していない素人さんです。

 

そう、やることという表面的な情報に囚われてはいけないのです。

 

・パンパースの社長は赤ちゃんですか?

・AKBグループの代表は可愛い女の子ですか?

おわかりですよね。そういうことです。

 

妄想を計画に変える

「テーブルに置かれたガジェット製品テーブルに置かれたガジェット製品」のフリー写真素材を拡大

知識もなしに、イメージだけするのは妄想です。妄想を計画に変えるのです。

 

私は今、左右一つずつのジャンルから収入を得ていますが、あまりやることには囚われていません。そして、もっと賢く動いている人は世の中にたくさんいます。

次の見出しで言いますが、その人たちは得られるものがありありとイメージできているのです。

 

やることだけに囚われる人の人生は、一生従業員です。

就職活動がまさにそうですよね。

やることから選ぶから失敗するのです。

やることだけに囚われる人の人生が変化することは、間違いなくありません。

 

洗脳から頭を解放する

「名簿をチェックする女性社員名簿をチェックする女性社員」[モデル:河村友歌]のフリー写真素材を拡大

まずは自分の本当にやりたかったことを100書き出してみることです。

なぜ100なのか。

それは普通の人だと簡単に出てこないからです。

出てこないから20ぐらいで考え始めます。

この作業が大事です。

 

小学校からの義務教育はある種の洗脳です。

ランドセルやセーラー服は、戦争の名残りであることは誰でもご存知の通りです。

 

日本という国は、この古く凝り固まった洗脳を小学1年生から9年間継続するのです。しかも一番頭が柔らかい時に。 

なので、まずは冷静にその洗脳から頭を解放する必要があります。

 

各ジャンルの情報収集

f:id:ippeyo:20170514230550j:plain

ここまでできたらあとは簡単です。

100あるうち、一番自分の人生で価値ある項目をいくつかピックアップして、それがどのジャンルなら叶うのか調べることです。

そう、各ジャンルの情報収集です。

 

解放された状態。すなわち、本当の自分と素直に向き合った状態です。

 

この状態でする情報収集は質が高いですし、継続性が期待できます。

 

調べて行動に移し始めるところまで、絶対に諦めないと心に誓いましょう。

ここで諦める人は、また従業員から始まった道を逆走することになります。

 

まとめ

ヒントを得ながら動かない人の特徴は、言い訳を振りかざして甘んじているだけなのです。

結局、なんだかんだ言ってそこが一番居心地がいいのです。

 

もし、本当に従業員から飛び出したいのであれば、一歩踏み出す勇気を持ちましょう(^^)!

 

転がり出した雪だるまには勢いがあります。

 

ではでは!

 

 

スポンサーリンク