BAいっぺよの人生ラボ

BeautyAdviserによる自由人生の研究所

スポンサーリンク

6つのお守り!災害時にも使える防災グッズ

 f:id:ippeyo:20170601182014j:image

災害大国、日本。

今か今かと言われている南海トラフの大地震

 9月1日は「防災の日」とか言われてます。

この時期から各地で避難訓練が行われ始めますね。

 

しかし!元マンション管理会社の登山好きは思うのです!

自分の身は自分で守れと!

・管理会社と周りの人が守ってくれる

・地域共用の備蓄品はあって当たり前

・行政は保護してくれて当たり前

 はっきり言います。

すべて当たり前ではないのです。

 

今回は、元マンション管理会社の登山好きビューティアドバイザーが保身グッズを紹介します。(今回は美的コンテンツはありません笑)

登山だったり絶景を見に行くアウトドア派な方なら知っておいて損はないです♩

 

◆目次◆

 

登山≒災害時

f:id:ippeyo:20170601182434j:image

山登りをしたことある人は経験済みかもしれませんが、こんなもの持って行きませんか?

  • 懐中電灯
  • タオル
  • 防寒グッズ
  • 調理道具

 

実はこれ、お手軽な防災セットの中身とかなり似ているのです(^^)

災害時の備蓄セット≒登山用装備品

なのです!

 

持ってて得する6セット

災害時の生活は、気分と雰囲気こそ違えど、登山の素泊まりに似ています。

季節によって多少持ち物は変わりますが、災害時に役立つ登山用品を見てみましょう。

 

ザック

f:id:ippeyo:20170601185714j:image

非常備蓄用の代わりになります。

登山用ザックは3-4人家族の1-2日は余裕で凌げるでしょう。

 

懐中電灯、ラジオ

f:id:ippeyo:20170601191252p:image

早朝用のランタンでもいいですが持ち歩くには少々危険ですのでコンパクトなLED懐中電灯がオススメ。かなり明るいですし丈夫です。

ラジオは、主に天気予報を聞くために必携ですが、災害時には言わずと知れた情報源です。

 

 アーミーナイフ

f:id:ippeyo:20170601185731p:image

山でなくともあると便利。

細々したものをたくさん持ちたくない男の一人暮らしなら、持ってて損はないかも♩

いろんな機能がコンパクトに収まっているので災害時でも便利です。

  

 

TRUSCO 折りたたみ式ヘルメット キャメット 防災用 ブラック TSCMBK


折りたたみ式ヘルメット

危険度の高い山に行く時は必携ですが、災害の避難時にも必携です。

最近では折りたたみ式のものまで販売しています。普通のヘルメットだとかなり嵩張るので、折りたためるのはいいですね(^^)

 

サタケマジックライス・パスタ コンプリート12種類セット (賞味期限5年あり)


食料

山では自分で調理したご飯、いわゆる山ごはんを食べたい!でも、ゴミも少なくしておきたい!その折衷案的存在の食料品。災害時には非常食となります。



f:id:ippeyo:20170601185805j:image

衣服

登山の依頼は基本的に丈夫な設計なので、そのまま災害時に活用できます。

防災や保温を考えながら通気性も抜群

1人1式は持っておいた方がいいですね。

重ね着しなくても寒さを凌げるところがポイント。

 


その他

携帯電話

ライター

ティッシュ

テント

寝袋

救急セット

カイロ

生理用品

レインコート

ストッキング(水の濾過に)

etc…

 

災害時の備蓄セット≒登山用装備品

 登山をする人は災害時も少しは安心かも知れませんね。

 

まとめ

上記以外にも必要なものはありますが、災害時は、とりあえず数日間の飢えと睡眠を確保できれば十分でしょう。

 登山シーズン、避難訓練シーズンでは、こんなことも思いながら装備品を活用してみてください(^_^)

 

ではでは!

スポンサーリンク