BAいっぺよの人生ラボ

BeautyAdviserによる自由人生の研究所

Mr.Childrenの心に残る歌詞 その8

f:id:ippeyo:20170715220118p:plain

ミスチルの歌詞を聴くたびに、「あの頃の情景」が蘇りますが、最近のミスチルの動向も気になります。

7月28日(金)から全国ロードショーで上映となる「君の膵臓を食べたい」。

主題歌は新曲の「himawari」

「ひまわり」に関してはアルバム「BOLERO」、シングルの「CROSS ROAD」などを連想させますが、今回のジャケットは「CROSS ROAD」っぽい。。。

 

 

 

1.あぁ生きてるって感じ

潜水するような感覚で苦しい時がないと、生きているという感じは味わえない。 

2.どんな不幸からも喜びを拾い上げ 笑って暮らす才能を誰もが持ってる

youtu.be

不幸を不幸と捉える人。

不幸から喜びを見出す人。

人生という同じ時間が与えられていながら、考え方の差が生き方の差に出てくる。

3.当り散らしは言わずもがなのタブー

自分の感情は、他人には関係ない。

当たり散らす人の器の小ささと言ったら、ゴミ以下である。

4.総てはそう 僕のとらえ方次第だ

考え方 is everything!

物事の捉え方で人生は変わる。 

5.でも本当に価値ある物とは一体何だ?

自分にとって価値あるものを探せずに、探したとしても追い求めることをせずに人生が終わる人が圧倒的に多いこの日本。

6.胸を揺さぶる憧れや理想は やっと手にした瞬間にその姿消すんだ

やっとの思いで手にした理想。

すぐ次の不満を探して欲望に埋もれる。

「いつでも微笑みを」の歌詞に通じるものがある。 

7.そうだ まだやりかけの未来がある

可能性という観点での人生は無限。

8.ショートケーキで例えるならイチゴだけ最後に食べるタイプで 口に入れる手前で落として捨てた夢もいっぱいござるよ

やりたいことは即実行。

あとであとでと言いながら人生の日が暮れる。

9.ゴミのようなダンボール そこで眠る老婆 錆びた夢の残骸 明日は我が身

実は、私、こういう育てられ方をしました笑

ダンボールにくるまりたくないなら勉強」しろと。 

10.安定した暮らしに老いていく自分ならいらんのだ

人って、自分の理想が手に入り続けて、叶い終わった7秒後には死にたくなるらしいですね。

 

 ではでは!

スポンサーリンク