BAいっぺよの人生ラボ

BeautyAdviserによる自由人生の研究所

Mr.Childrenの心に残る歌詞 その2

f:id:ippeyo:20170715220118p:plain

 今回も、あえてタイトルを紹介しないものがほとんど。

シリーズ第2段( ^ ^ )/

ミスチルが国民的バンドである所以を自分なりに整理しながら、人生に影響を与えてくれたフレーズをちまちま紹介していきます♪

共感していただけたら嬉しいです。

1.傷つけ合う為じゃなく 僕らは出会ったって言い切れるかなぁ?

youtu.be

出逢ったのは、傷つけ合うためではない。

2.この世界は今日も美しい そうだ美しい

自分の内面が薄汚れそうな時に、我に帰る。

3.何もかも思い通りになったとしても すぐ次の不満を探してしまうだろう

よく深い生き物だと、つくづく思う。

今、生きてるだけでも幸せなのに。

4.軽はずみな言葉が 時に人を傷つけた そして君はいないよ

名曲は、歌詞の中にさらっと名言を入れてる。

5.さようなら 夢に泥を塗りつける 自分の醜さに

夢とか捨てちゃってる現代人が胸に刻んでおくべきフレーズだと思う。

6.時は残酷 もう魔法は解けてしまった 過去だけが綺麗に見える

「過去は生ごみ」だと暗に伝えている気もする。

7.生きて行くことの意味は 争い合う事に いつかすり変わってく

and I love youの歌詞を思い出すと、ミスチルのメッセージ性には一貫性がある。

 

8.小さなプライドをこの胸に 勲章みたいにつけて

小さなプライドでも、持たないよりマシ

9.大切なことなんて きっと知ってんのに 僕らは遠回りをしてるんだね

本質は頭の片隅にあるんだろうけど、日常に流されているような状況をうまく言い回していると思う。

10.ぶつかっても謝んない この街のしきたり

人として一番大切な部分を思い出させてくれる

おまけ. 明日になる前に 今日が終わる前に 見出せるかな 生まれては消える命の意味を

人生のテーマを見出すのは早いに越したことはない。

 

まとめ

完全に、自分の心の整理用の記事と化しておりますが、「共感される方もいるはず」と歌詞を噛み砕く2回目でした。

www.ippeyo.com

 

ではでは!

 

 

 

スポンサーリンク