BAいっぺよの人生ラボ

BeautyAdviserによる自由人生の研究所

スポンサーリンク

【忙しい人は見ないでください】という誘い

f:id:ippeyo:20170523194731j:image

 

「忙しい方は見ないでください」

これ最近よく見かけますが、鬱陶しいし見え見えで感じ悪いですよね笑

 

ですが使います!

忙しい人は見ないでください笑

 

今回は、今までとは違い全く無意味で為にならない内容です。

 

しかし、意外にも「したことがある!」という人が私の周りに多かったので、その妄想と経験をシェアしていきたいと思います。 

 

なぜこんなことを急に書いたのかというと、これを見てしまったからです。

なんか、個人的な思い出がリンクしてしまったのです笑 

 

f:id:ippeyo:20170523205854p:image

 https://youtu.be/FvRCBwOtR4k

 

◆ 目次◆

f:id:ippeyo:20170523194932j:image


色つきタイルから落ちたら死亡

 

おしゃれな道路や通路には、雰囲気を装飾する色つきタイルなるものが敷き詰められています。

あの色つきタイルのみを踏んで進んでいくわけですが、歩幅や人混みなどによって妨げられてしまうわけです。

中には、こちらのチャレンジ精神をへし折るべく邪魔してくる大人までいます。

 

まぁ最後まで行けた試しはほとんどありません。毎回途中でアホらしくなるからです笑

 


怒鳴られている最中に覚醒する自分

f:id:ippeyo:20170523201847j:image


学校の廊下を全力疾走し、生活指導の先生に怒られるのが日常茶飯事だった小学校時代。
私はどちらかというと真面目な方でしたので、こういう時はしゅんとするのです。

「うわぁアイツ怒られてる」

という周囲からの冷ややかな目線を浴びながら、一緒にふざけていた仲間と怒られ続けるのです。

が、頭をよぎるのです。

ここでこの生活指導のセンコーにブチ切れたら。。。

もしかすると、この瞬間、大衆の面前で辱められた怒りと覚醒によって、髪毛が金色の戦士になってしまうのではないか。。。

そうなれば、このセンコーは権力に任せた怒鳴り散らしから一変、おじけづく。そしたら今日からヒーローだ。

  

これは会社でも言えるのではないでしょうか。

ブツブツうるさい上司や顧客を一瞬で黙らせることができたなら…と。笑

 

スポーツテスト中に突然パワーがみなぎる

f:id:ippeyo:20170523203214j:image


小学校の50m走やボール投げの結果なんて大人から見たらかわいいもんです。

でもそれが突然、名探偵コナンのキック力増強シューズ張りのパワーを発揮したら。。。と思い、レボルバーの無い運動靴を、それ風に手でいじってみたときもありました。

 

なにも起きません。むしろ自分自身に気が散ってスコアが悪くなります。

 


一目ぼれした人から話しかけられる

 

f:id:ippeyo:20170523203439j:image


これは意外と多いのではないでしょうか?

道ですれ違う素敵な異性。ひょっとしたら話しかけて来るんじゃないか?

何もないこんな場面で話しかけてくる方がどうかしていますが、こちらはこちらでイメージを膨らませるのに必死。

 

けれども、もちろん何事もなくすれ違う。

この繰り返し笑

 


車に吸い込まれる白線

f:id:ippeyo:20170523203631j:image

 
幼いころは両親が運転する車の後部座席がベストポジション。

ここでふと見つけてしまうのです。

車が前進するにしたがって、車に吸い込まれるように見えてしょうがない道路の白線を!
そしてこの白線を吸い込んだこの車はパワーアップするという妄想が始まるのです。

 


どこからでも飛び降りることができる

 f:id:ippeyo:20170523204227j:image

 

高所から落ちるとこの世を卒業する。

この常識を覆したかった。

 

行き着いた究極のアイデアがこれです。

 

着地時、膝のクッションにより衝撃を極限まで和らげる。思いついた時は自分が天才だと思いました。

サッカーのトラップでボールの勢いを殺す原理と同じです。

 

はい。着地した瞬間に内臓が耐えきれるわけがありません。それ以前の問題か笑

 

まとめ

この記事、なにが言いたいのか。

無理矢理こじつけないとまとまる気がしないのでこじつけます。

 

人間の想像力は、大人になるにつれて萎んでいくもんですね。

頭は常に少年少女のように柔らかくぶっ飛んでいたいものです。

 

ではでは!

次回は真面目なことちゃんと書きます。

スポンサーリンク